忍者ブログ

B'zのギターが好物のすべりこみのおとめ座。ベイスターズとドラゴンズ応援してマス。
www.flickr.com
2017
前の月へ 07 : 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 : 09 次の月へ
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ツアトラ4/4(土)、ASKA CONCERT TOUR 2009 WALKの宇都宮市文化会館公演に行ってきました。
セトリはつづきをよむに格納。
今日は、レポじゃなくて感じたことをメモ。

実は、ライヴ中から気分がのらなくて、結局最後までテンションが低いままで、終演後「アレ自分なんでこんなテンション低いんだろ!?」と動揺したくらいでした。
チャゲアス熱が冷めた覚えもないし、これは何なんだ!?と帰路の間、考えを整理してみてわかったこと。

やっぱり自分、チャゲアスが好きなんだなぁって。

今回、セトリの21曲のうち4曲が(ASKAが作った)チャゲアスの曲。
どれも好き度高いから演ってもらえて狂喜乱舞できるかと思ったら違った、「違う、違うのよコレはちゃげいないとアレなのよ・・」って心底100%喜べない。
「ボヘミアン」なんて超レア曲、演ってもらえるだけでありがたいの頭ではわかってんのに「でも・・・」って思ってしまったのでした。

誤解を招きかねないので書いておきますが、ASKAのソングライティングは自分が知ってる中では日本一くらいに思ってるし、尊敬してます。
次のチャゲアスの活動の時期は未定でも、お二方のソロ活動は大いに結構、好きなだけやったらまたチャゲアスとして活動してくれるなら全然構わないと思ってる。
ASKAのソロ曲ももちろん好きだからソロツアーも大いに結構。

だけど私、結局ソロのASKAにチャゲアスの曲は期待してなかったんです。
DVD喜んで買うけど。
MCで「(チャゲアスの曲で)自分で作った曲は愛着があって、ソロでもいくつかやっていきたい・・・もちろんヤツ(ちゃげ)の曲にも愛着ありますよ」って話してて、ここで向こうとコチラに意識のズレが生じてて・・・これから数年間、ASKAのソロツアーでは生じ続けるのでしょうけど。。
愛着があるのは当然、わたしもその曲好き、でもね嗚呼でもね!!!!

こんなこと書いてて、前回のシンフォニックツアーでは「迷宮のReplicant」演ったって大喜びしてたじゃーんと自分に突っ込んでみましたが、あのツアーはシンフォニックっていうコンセプトとCA曲が1曲だけだったのであまり今回みたいな事を感じなかったのか。

自分の超マクロなコダワリの気づいたショックが想定外に大きくて、ちょっとレポを書く気分になれないので、いつか気が向いたらで。
慣れの問題かな?時間が経てばいずれ平気になるかしら、もっと大人になれば大したことじゃないと思えるかしら、と昨日からふと思い出すたびに考えているのでした。

PR
ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008の日本武道館公演、10/9・10の両日観てきました。
初日観たあとの雑感はコチラに。
このエントリでは感想も含め主にASKAのMC中心のレポを。

初日の喉・声の調子が2006年から(生で)観てきたなかでは一番よかった。
9/22のMusic Loversの収録では不調(自分で喉の調子が悪くてって弁解?してたし)、10/5の福岡公演では体調不良で再演なんつって、東京もそれは酷いだろうと思っていたら初日すごくてびっくり。
うおお復活かと翌日期待して行ったらこの日はダメ、初日に比べたら6割くらい。
この人の喉どんだけ生モノだよと思ってびっくり。
武道館初日観れたことに感謝、撮影してなかったようだけどこの公演を映像化するべき。
二日目は喉がアレなのに加えて1階スタンドという場所のせいもあったのか、オーケストラの音がまとまって聴こえなかったり(なぜか)空調が暑いとかで、初日の出来のよさをより印象的にさせる内容でした。
あと、ASKAのトークも初日のほうがまとまっていたというか伝わりやすかった気がする。
自分としても初日のほうのMCはよく覚えてるけど、二日目は(略)。

そうだ、二日目は関係者席(1F南側スタンド)を比較的近くで眺められる位置でした。
確認できたのは今泉さんとまっきーらしき人。
配偶者がいちいち今泉さんをチェック、「ずーっとそわそわしてて落ち着かないみたい」とニヨニヨしてた。

以下、初日MC覚え書き。

「抱き合いし恋人」⇒高校時代、みんながロックやフォークに傾倒していくなか、自分はタイミングを逃して映画音楽を聴いてた。(いずれフォークに目覚めて音楽やり始めるけどカバーができないから自分で歌を作った)
だから、自分のベースにあるのは映画音楽のほうで、「背中に聞こえるユーモレスク」のような曲のほうが自然と作れる。「ひとり〜ざ〜き〜」みたいなのは難しかった。(けど映画音楽的なやつはニーズになかったから作らなかった的ニュアンス)

マチュピチュの遺跡を見たとき、「歴史って嘘じゃん」と口をついて出る。
(我々が知っている)歴史はコーティングされたもの。歴史が動くときは血が流れて、(通常歴史上あまり伝えられない)負けたほうの無念の想いみたいのが見えた。
「不可欠」って言葉あるでしょ?一つの漢字にすると「歌」。可可欠だけど、本当は不可欠だと思う、不可欠の不が可になったのは、歴史の事実の部分が隠されたり曲げられてきたりしたのと同じ(で、本当は不なんだ)。
※ここらへんASKA節爆発
歌は人をつなぐ不可欠なもの、僕はそれを歌う。

↑二日目のこのMCでは、マチュピチュに向かう途中、ひどい頭痛に襲われたエピソードも話す。
「ガイドさん曰く、たまにそういう人がいる、(そういう人は)前世でここ(マチュピチュ)に関係があったんじゃないか?」

メキシコでタクシーの運転手にぼられた話⇒ポリス登場⇒「ややこしや〜」(マイブームらしい)⇒そんなタクシーの運転手もポリスも僕も心の中では繋がってるという歌「UNI-VERSE」(笑)

20年くらい前に、光GENJIに曲提供したんだけど、まだデビュー前の彼らに会ったとき、「これから世の中に出てやるんだ!」っていうすごい勢いを感じた。
きっと、自分達(チャゲアス)も見てる景色は違っても(デビュー前は)そういう勢いだったんじゃないかと思う。
気の問題、みんなの気持ちが同じ勢い、温度になれば世の中のあらゆる問題は一瞬で解決するよ。
当時はそこまで深く考えてなかったけど、潜在的にはわかってたのかな?そういう意味で、いま歌いたい歌⇒「PLEASE」

セットリストは以下つづきをよむに格納。
ちなみに、2日目はなぜかHEARTが歌われなかった。

アレンジに関してひっかかった部分は以下3点程。
・「next door」のみずみずしい感じが好きなんだけど、今回のアレンジではやたら仰々しくなってて違和感アリ
・同じく「けれど空は青」もやたら劇的なアレンジで、オリジナルのパワーがすごいんだからそんなに飾り立ててほしくなかった感
・「HEART」が1・2・1・2ってマーチみたいになってて苦笑

ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 日本武道館公演に行ってきました。
細かいレポは週末にでも、とりあえず雑感メモ。

安易な表現だけど、素晴らしかった。
一日も早く映像化されればいいよ!早く!

10/5の福岡公演で体調不良、本人が納得せず再演になったくらいなので相当喉キてんだろーなぁ、今日は大丈夫かいなと心配したんだけどびっくりするくらい声が出てた。(尻上がりによくなった)
絶好調とまでは行かないけど、自分の歌いたいように歌えていた感じ。
(高いキーはいつものようにごまかしていたけど、出せるとこまでは出すぞという意志を感じた)

2曲目の「Girl」、3曲名の「迷宮のReplicant」で涙が。
「Good Time」の「勝手な話に~約束だったかな」まで、ちょっとおどけたような、自嘲気味に微笑みながら歌ってて、おおもうと思った。
この部分は、てっきり単に少し侘しく切ない気持ちでゴメンネーというニュアンスだと思ってたのに、頑張って明るく振る舞われては余計に現世で添い遂げられない悲しみが増して涙が。。

「月が近づけば少しはましだろう」「けれど空は青」の並びはずるいー。
「月が~」なんてまさに絶唱。


ASKAネ申が全身全霊を込めて、ときに楽しげに、ときに真摯に歌ってる歌と姿が本当に素晴らしくて、また惚れた。
あと、来年のCA30周年へのこだわりがなんと小さいことかと気づいた。

※現在、オフィシャルでは発表されてないけど、ASKA本人がFC限定コンサートや9/22のMusic Loversの収録なんかで「来年は30周年だけどソロに専念したい」発言をしていて、こちらは「エー30周年のイベントとかでっかいライヴとかやってよー」と思ってた。

この人が歌いたいときに歌いたいように伸び伸びと歌わせてあげればいいんだ、自分はそれをリアルタイムで聴けるだけで幸せじゃんかと思った。
明日も聴けるなんてヒャッホウです。
ネタバレになってしまうので、セトリは「つづきをよむ」に格納。
4月から始まっているSCENEツアー。(日本での公演はこの大阪から)
セトリが海外公演と変わったのでメモ。

おお・・・おおもう!

きっとGirl迷宮のReplicantでお腹がいっぱいになるでしょう!(予報)

ドライブ定番の「風のライオン」「迷宮のReplicant」「Far Away」のうち2曲をここ2年のうちに聴けるなんて夢にも思ってなかった・・・幸せだ!
(この3曲はなんか勝手に一括りにしてる)
(「風のライオン」は2007DOUBLEツアーで)


▼ひとこと
昨日の昼過ぎCAのFCから「ASKAが夕方CXのスーパーニュースに出るよ」ってメールが来てせめて前日までに教えてよと職場でじたばた。

昨夜、ASKAがゲストのMusic Loversの収録に友人のエリ嬢が当選してお誘いを受けたので、日テレ(汐留じゃなくて麹町のほう)に行ってきました。
放送予定は10/12なのでネタバレは一切ナシで、ファンの方はお楽しみに。

でもメモ

・30分番組で収録はトータル2時間弱。
・歌は30〜40分、残りは全部トーク。
・万が一映ったら恥ずかしいので最後尾についたら、前に男の人やらでかい女の人やらがいて本当に見えなかった(笑)
 頑張って背伸びをすれば見えたけど疲れるのであまりせず、生で聴けるだけでいーやと。
・一転トーク収録では回れ右をしたのでうっかり最前列、ギャーってなった。
 (演奏用のステージの向かいにトーク収録用のセット有り)
・トーク収録では一転して見えすぎるほど見えた、ガン見。
・ASKAネ申は白かった、さすがヒキコモ(ry、もうちょい髪長いほうが好みです。
・ASKAがツアー中にも言ってたけど、「この距離が一番恥ずかしい」ってすごく困ってた。
・あんま見るとさすがにかわいそうなので空気読んでMCの赤坂(泰彦)さんとかもう一人のゲストの某さんとかを見つつASKAチラ見。
・赤坂さん本物だった(当たり前)。赤坂さんを見てるとまちもと(B'z)が昔やってたラジオ番組「B'z BEAT ZONE」を思い出して感慨深かったw
 (B'z BEAT ZONEは赤坂さんのラジオ番組の1コーナー(木曜の23:00〜23:20)だった、気がする)
・とはいえASKAとはガンガンチラチラ目が合っておおもうと思った、こんなことなら気合入れて化粧すればよかった、なんという羞恥プレイ。
・トークの終盤、さすがに立ちっぱなしで貧血起こしそうになってヤバかった。
 こんなチャンスを貧血でフイにしてたまるかと。エリ嬢が手をつないでてくれたおかげでなんとか乗り切った、エリちゃん、手汗すごくてごめんねごめんね。

誕生日にASKAネ申をこんな距離で拝ませていただけて感謝です。
26歳は幸先いいで、たぶん。
昨夜のやりすぎコージーの芸人都市伝説のコーナーでサバンナ高橋が披露した話のメモ。

※うろ覚えなのでこんな感じだったよレベルで
日英豪華アーティストが極秘セッションしていた!
僕が実際ソコにいたので事実です。
元ビートルズのポール・マッカートニーの数年前(たぶん2002年)の来日ツアー、大阪ドーム公演を観に行ったときのこと。
前から9列目で見てて、超感動モノだった。
「Hey Jude」で、ポールがみんな歌ってくれっつって客席みんなで「ラ〜ラ〜」って手を上に挙げて横に振りながら歌ってたら、ちょっと何人か隣でめっさ(歌を)歌ってる人がいる。
見たらチャゲアスのASKA(笑)
みんな手を横に振ってるのに「オレはやんないぞ」くらいの勢いで歌ってる。
まさにセッションだった!
というオチてない?話。

誰だろう、豪華ったら矢沢永吉あたりかな?なんつって眺めてたらまさかココで名前が出てくるかとワロタ。
DSC_0065・・・というエントリを95%まで完成させたところで、ちょっと事件があってうっかり消えてしまって現在非常にアレです、おおorz

昨日7/26、大磯のなぎさの祭典というお祭りでCHAGEのコンサートがあり、夏といえば海、大磯=海、さらにCHAGEが無料で観れるのに行かないわけがないとリア充よろしく大磯に行ってきました。

7/28(月)追記:なぎさの祭典レポがあがってました。
http://www11.ocn.ne.jp/~oiso/08nagisa-re.htm

DSC_007016時過ぎに会場につくと、前から半分くらいはもう場所取りで埋まってました(右写真)が、前の方の端のほうは意外と空いてて、ナナメっても十分見えるところに場所を確保できたのでぬるいウーロン茶片手にひたすらCHAGE待ち。
ステージにはでかでかとCHAGEサマーコンサート in Oisoって看板が出てて、まるでチャゲフェス。

17時15分〜:地元フラの方の発表

18時:開会式
DSC_0080
18時20分〜:しおりさんパフォーマンス
     >>一曲目の「スポットライト」がコード進行、メロディラインがほぼCAの「river」でびっくりした。わたししか騒いでなかったので意外とCAファンいないのかなと思った。

19時〜:CHAGE登場

セットリスト

DSC_0073花暦
お嫁においで(加山雄三のカバー)
ふたりの愛ランド
告白

ピクニック(しおりさんとコラボ)
SOMEDAY(しおりさんとコラボ)

マシュマロ
ボクラのカケラ
DSC_0257機嫌が悪いの
夏の終わり
終章~エピローグ

-EC-
トウキョータワー

CHAGEが登場すると、会場大盛り上がり、周りもCHAGEコールすごくて(やっぱり)CHAGE or CAファンがいっぱい。
コンサート中は(もちろん)撮影禁止、撮影には絶好の場所でしたが残念。
あと、立見禁止だったのと、CHAGE+アコギ+ウッドベースというアコースティックな3ピース形式だったので、非常にまったりと、夜風に吹かれて和やかで楽しい時間でした。

が、一つ残念だったのがわたしらのいたとこから3スペース(1スペースが3〜4人くらいとして)ステージ寄りらへんにDQN的な若人達がいて、始終でかい声でしゃべっててうるさかった。
あん時ほど空気読めと思ったのも久しぶり。
地元のお祭りなんで騒ぎたいのはわかるけども、他でやればいい話で。
周りの人もCHAGE or CAファンばっかなのに注意しないから、最終的にはエスカレートして「あすかー」とか叫んじゃってるの。
わたしが側にいたら注意するけどなぁ。
(旦那盾にするけど、だって女の子だもん)

アンコールが終わってCHAGEと司会のおねいさんのトーク。
おねいさんが「長くて大きい花火」を「長くて太い花火」をいいまつがってCHAGE大ウケ。
いま思えば長い花火ってなんだろう?
最後、10から3でアホになるカウントダウン⇒「CHAGE!」で花火スタート。
みんなが花火に夢中になってる間にCHAGE帰るよくできた段取りでした。

花火撮るのムズカシイ。
DSC_0185

▼やきう
今年のちうにちは特に阪神戦になるとどこぞの最下位チームかと思う程弱くて泣ける。
本日、ASKAさんがap bank fes'08@つま恋に出演。
セトリは

月が近づけば少しはましだろう
PRIDE
名もなき詩(ミスチルの)
YAH YAH YAH

月が出た〜!
PRIDE歌っちゃった!
ちゃげなくして歌うかソレを!なんだ、ちゃげパート歌ってあげに行けばよかった。

細かいこととかは現地のエリ嬢あいめいちゃんのとこでどうぞ。
昨日、渋谷bunkamuraで行なわれたASKA SYMPHONIC CONCERT“SCENE”Premium Previewの軽いネタバレをば。
セットリストは「つづきをよむ」のなかに。
その他細かいことを知りたくない方はスルー推奨。

やっぱり「Girl」キタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!
(ギターの)古川さん呼んどいてGirlやんないなんて無駄遣い以外のナニモノでもないからのぅ。
CAの曲からは「砂時計のくびれた場所」と「SAY YES」。
すすす砂時計!!ちゃげおじさんのいない砂時計とはこれいかに?
わたし歌いに行こうか?<いらんよいらん

いずれも9月まで待ちぼうけよ、くやしいのぅ。。

MCで、
・来年は30周年つーことでツアーがっつりやる
・それ以降は、ちょっとソロがっつりやりたい

というような趣旨のことを話されたそうで。

どちらも想定内なのであまり驚かなかったんだけど、その、ソロの期間が本気で長いとか、むしろソロに専念したい的なニュアンスだったようで、「ついに解散!?」なんて危惧してる方もぽつぽついらっしゃるみたいです。
個人的には来年30周年でモーニングムーンどーんてやってくれれば再来年からはソロなり映画撮影なりで好きなこと好きなだけやってくれていいやと。
(モーニングムーンなかったらとてもアレなんだけど)
チャゲアスは、昨今07〜09の活動っぷりのほうが異常だと思ってるので、サービス期間が終了したら息を潜めちゃってもなんら不思議じゃないなと。
ただ、どう転んでも「解散」はしないんじゃね?という根拠のない確信だけはあって、いまや海外アーティスト並みに活動がスローペースな彼らを信じてまったりまったり待てばいいと思ってるのです。

TUG OF C&A Presents ASKA SYMPHONIC CONCERT “SCENE” Premium Preview・・・って長ったらしいですけど、簡単に言うと4/12(土)に行われるASKAのFC会員限定コンサート@渋谷bunkamuraに落選しました。

・・・

・・・・・・('A`)ガッデム!!!!!!!!!!!!!!!!


競争率がハンパないということはわかってるけどなにこの仕打ち!
12/24のFinalに最前列で見せてやったんだから今回は我慢せぃということでしょうか?
これでASKAは10月までお預け確定。

落選したメリットはたった1つ、フォーマルのお洋服を購入しなくてよくなったくらいですが全然嬉しくない。
嗚呼そうか、今年は年頭からドアラで運使いまくってるからもう不発なのか・・・ブツブツ・・・


▼ついき
ギタリストの古川昌義おじさんのスケジュールについにASKAのツアー日程が!
これでサポメン確定!
Girl、10月までお預けとかどんだけだよ・・・(´;ω;`)ウッ
忍者ブログ | [PR]

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アバウトミー
HN:
mechiko
Sex:
女性
Job:
NEET満喫中!
ライブスケジュール
9/13(火) LINKIN PARK@横アリ
9/18(土) B'z@宮城
11/6(日) B'z @さいたまスーパーアリーナ
12/24(土) B'z@からくり
12/25(日) B'z@からくり
ライブ参戦録はコチラ
Last.fm -Recently Listened
コメント
[09/04 かみじょふ]
[09/03 めちこ]
[09/02 しめこ]
[12/17 めちこ]
[12/13 ヒラーモ]
れんらくさき
ブログ内検索
ケイタイ
最近のお買い物
Greatest Hits: So Far
Plays the Sound of Philadelphia - A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia [Import CD]
B’z LIVE-GYM 2006“MONSTER’S GARAGE”(Blu-ray Disc)
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】
ホワット・イフ・・・(期間限定スペシャル・プライス盤)
おすすめとかあどとか

 iTunes Store(Japan)
アク解ナド
 
あわせて読みたいブログパーツ
カウンタ