忍者ブログ

B'zのギターが好物のすべりこみのおとめ座。ベイスターズとドラゴンズ応援してマス。
www.flickr.com
2017
前の月へ 09 : 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 : 11 次の月へ
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GW初日の5/2に義理の伯父が逝去し、6日の葬儀に出席しました。
身近な親族が亡くなったのは初めてで、出棺、火葬、葬儀、初七日法要、精進落しを一通り済ませて学んだことは以下。

故人の死はもちろん悲しいけど、なにより一番辛かったのはもうコミュニケーションができない、ありがとうとか、ごめんねとかそういう気持ちを伝えることが今生できないという事実がとても悲しかった。
故人に最後に会ったのは4年ほど前で、病気で臥せるようになってからの事など一切知らずにいた(故人の意思だった)ので尚更そう感じるのかもしれませんが。

いつが最後の別れになるかわからない。
一瞬一瞬大事にして、伝えなきゃいけないことは早めに、感謝の気持ちを持って接しないと逝ってしまってからでは遅い、後の祭りなんだと気づかされました。
いなくなってわかる人の大切さ、ありがたさ。


伯父と伯母ははかつて我が家が拾った犬(2006年夏に交通事故で天国へ:右写真参考)を預かってくれてました。
(我が家はペット禁止のアパートで、バレて追い出されそうになったため)

伯父は特にその犬を可愛がってくれていました。

実は伯父が逝く6日前の4/26、夢にその犬と祖父(存命、いま確か95歳とか)が出てきて「じーちゃん迎えに来られちゃったかな」とビクビクしてたんですが何事もなく、気のせいかと思っていた矢先の出来事でした。

あの夢は、もしかしたら伯父のことだったのかもしれないなと思う昨今。
いまごろあちらの世で仲良くしてくれてればいいな。
(厳密には四十九日あけてからですが)
PR
昨日、東京ドームに読売中日戦を観に行ってきました。
よりによってジャイアンツ的に今季のベストゲームに数えられるであろう内容のゲームに当たってしまうとは(苦笑)
24日に必死こいて勝てたものの、そもそもまた3タテ食らってもおかしくないと思ってたカードなんで昨夜の負けはやっぱりなという感じでしたが負け方が酷かった。
(負けを承知で現地に行く自分も十分ドMか)
4/25のスコア

123456789HE
D0000100124100
G010010003x590
http://www.tbs.co.jp/baseball/pastgame/20090425GD01d.html

9表、2-2の同点の場面で1死1塁の場面で和田さんが逆転2ランHR、これが通算200号HR!と大喜びしたのはよかったんだけど。
2点リードで9裏といったらお約束の岩瀬登板、もうこの時点で本当にイヤな予感しかしなくて
前日阿部に初球HR食らってたし、今日も全ッ然セーフティーじゃねえと思ってたら案の定ラミちゃん、谷を出塁させると代打亀井に見事な初球サヨナラ3ラン運ばれてもう
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
こういうカンジでした。
さすが亀井さん日本代表だけあるわ!

昨日のゲームでは和田さんの200号本塁打を拝めただけでヨシとします。
ちなみにベイファンの旦那は元横浜の小池さんが今季初スタメンでさらにHR打ってお喜び。

和田さん200号おめでとーう!
DSC_0510
写真は4/9の神宮のもの。
4/9ヤクルト戦の写真全部はコチラ。
http://www.flickr.com/photos/mechiko/tags/090409/
ツアトラ4/4(土)、ASKA CONCERT TOUR 2009 WALKの宇都宮市文化会館公演に行ってきました。
セトリはつづきをよむに格納。
今日は、レポじゃなくて感じたことをメモ。

実は、ライヴ中から気分がのらなくて、結局最後までテンションが低いままで、終演後「アレ自分なんでこんなテンション低いんだろ!?」と動揺したくらいでした。
チャゲアス熱が冷めた覚えもないし、これは何なんだ!?と帰路の間、考えを整理してみてわかったこと。

やっぱり自分、チャゲアスが好きなんだなぁって。

今回、セトリの21曲のうち4曲が(ASKAが作った)チャゲアスの曲。
どれも好き度高いから演ってもらえて狂喜乱舞できるかと思ったら違った、「違う、違うのよコレはちゃげいないとアレなのよ・・」って心底100%喜べない。
「ボヘミアン」なんて超レア曲、演ってもらえるだけでありがたいの頭ではわかってんのに「でも・・・」って思ってしまったのでした。

誤解を招きかねないので書いておきますが、ASKAのソングライティングは自分が知ってる中では日本一くらいに思ってるし、尊敬してます。
次のチャゲアスの活動の時期は未定でも、お二方のソロ活動は大いに結構、好きなだけやったらまたチャゲアスとして活動してくれるなら全然構わないと思ってる。
ASKAのソロ曲ももちろん好きだからソロツアーも大いに結構。

だけど私、結局ソロのASKAにチャゲアスの曲は期待してなかったんです。
DVD喜んで買うけど。
MCで「(チャゲアスの曲で)自分で作った曲は愛着があって、ソロでもいくつかやっていきたい・・・もちろんヤツ(ちゃげ)の曲にも愛着ありますよ」って話してて、ここで向こうとコチラに意識のズレが生じてて・・・これから数年間、ASKAのソロツアーでは生じ続けるのでしょうけど。。
愛着があるのは当然、わたしもその曲好き、でもね嗚呼でもね!!!!

こんなこと書いてて、前回のシンフォニックツアーでは「迷宮のReplicant」演ったって大喜びしてたじゃーんと自分に突っ込んでみましたが、あのツアーはシンフォニックっていうコンセプトとCA曲が1曲だけだったのであまり今回みたいな事を感じなかったのか。

自分の超マクロなコダワリの気づいたショックが想定外に大きくて、ちょっとレポを書く気分になれないので、いつか気が向いたらで。
慣れの問題かな?時間が経てばいずれ平気になるかしら、もっと大人になれば大したことじゃないと思えるかしら、と昨日からふと思い出すたびに考えているのでした。

4/2(木)、SHIBUYA-AXで行なわれたHoobastankのライヴに行ってきました。
Hoobastankのライヴは06年5月のO-EASTと07年1月のAXに続いて3度目。
(フェスでもちょくちょく来日してるけど、フェスは好きじゃないので不参加。)

今回も相変わらず楽しかった。
ダグのMC大して聞き取れなかったけど「このツアーのDVD出すよ」とか「今年あと2回日本に来るよ」「日本語うまく喋れなくてごめん」「日本のファンはほんとクレイジーだね」的なことを喋ってた、と思う。

正直イマイチだと思ってた4枚目の最新アルバム、これは次回作にご期待くださいだなと思ってたところ、ライヴで聞いたらやっぱいいなぁと思えた。<上から

単純なので、ラストをCrawling In The Darkで締めてもらえただけで大満足。
ほぼ最後までぶっ通しで歌いながら大暴れしてたので爽快、わたしの春の開幕にふさわしいライヴでした。

後日、首の鞭打ちはよくあることなんだけど、加えて肩を動かすだけで違和感と痛みが残ってて、開幕と同時に故障者リスト入りした気分です。
これは酷い運動不足、反省。


4/2 @SHIBUYA-AX セトリ

Just One
Born to Lead
Running Away
I Don't Think I Love You
Inside of You
So Close, So Far
My Turn
Out of Control
The First of Me
The Letter
Same Direction
You're the One
The Reason
Pieces

-EC-

If I Were You
All About You
Remember Me
Crawling in the Dark
金曜日、AmazonでポチったiPod classic(黒)が届いた。

iPodを買うのは2002年に購入した第2世代以来、実に7年ぶり。
今回買ったのがもう第6.5世代とからしくて時代の流れは早いのー(遠い目)。
ちなみに「つぼ」と命名した第2世代のは2002年から約2年程使った後、ライフスタイルが大きく変化して全く使わなくなり昨年ほしがる人がいたので嫁に出しました

前のiPodに並んで「つぼ」と名づけた最新iPod classicを触ってみた感想。
丸いホイール、操作に欠かせないこれの操作感がイマイチ。
反応鈍いのに一度動かすとツツツーって動きすぎたりして戸惑う、慣れの問題か。
あと、iTunesもそうなんだけど映像のほうのアーカイブ機能がないので、映像が増えれば増えるほどブラウジングが困難。
自分でプレイリストを作成すればまだ探しやすいけど、なかなか面倒臭い作業。。
それ以外は特に気になる部分はなし。

第2世代のやつは容量が20GBで、音楽を詰め込むとほぼほぼ満杯状態でした。
当時はとにかく自分の音楽をたくさん持ち歩くことが嬉し楽しでよかったんだけど、これでわかったことは、結局どんなに音源を持ってても聴く曲って限られてきちゃう。
1回も2回も飛ばす曲は3回目も4回目も大概スルー。
となると入れてても意味ないなので、今回は特定のアーティスト全曲とそれ以外は聴くであろう楽曲をチョイスして同期、それでも15GBあるかないかくらい。

前の第2世代のiPodの液晶はモノクロで、今回はカラー。
カラーで残りは100GB近く残ってるとなると、自然と新しい「つぼ」は映像メインという認識になり、この3連休家にいる時間はほとんどライブDVDからお気に入りの曲をiPod用にエンコードする作業に費やしていました<暇人
ただ、上記のアーカイブできない点がネックになって増えれば増えるほどアレですが・・・Apple愛で克服できそう、する。

やっぱり新しいガジェットはいいなー(゚∀゚)

ちなみにVer.3が出て気になるiPhoneですがソフトバンクな限り入手する気はなし。
(docomoで出ればいいのに!!!)
だったらtouch買って無線環境作るほうがいいですがそれも必要になったらで。

Apple iPod classic 120GB ブラック
アップル (2008-09-10)
売り上げランキング: 287
ドアラのひみつ手帳2009ドアラのひみつ手帳2009が手元に届いたので、この手帳の素晴らしいポイントを2点上げておきます。

・2009年のドラゴンズのペナントの日程が書いてある
これ超大事。
球団マスコットのスケジュール帳なんであって当たり前なんだけど、この商品の売り文句に「ドアラの格言」や「ドアラギャラリー」等々のコンテンツしか書いてなくて、届くまでわからなかったペナントスケジュールの有無。
この手帳があれば毎年スケジュールにペナント日程をスケジュール帳に書き込む手間が省けてステキ。
PHP研究所さんこれから毎年出してください。

・紙のニオイ最高
印刷物(雑誌・新聞・チラシ等)のニオイフェチです。
紙とあらば手に取ったらまずニオイをくんかくんかしないと気が済まないんだけど、この手帳に使われてる紙のニオイ最高。
高校のときに使ってた山川出版社の世界史とか日本史の参考書のニオイと同じ!
このニオイ好きすぎて使うのもったいなくて、まだなにも書き込めてません。

改めて、PHP研究所さんには毎年ドアラ手帳出してほしい。
中身は多少変わっても構わないので、紙はこのままで。

ドアラのひみつ手帳 2009
ドアラ
PHP研究所
売り上げランキング: 130
ルミお姉さん本日、新橋のヤクルトホールで行なわれたつば九郎本とドアラ本2の発刊記念イベント
「つば九郎とコアラ風のおともだち 〜お察しください〜」に行ってきました。

MCはおなじみルミお姉さん。
さすがの喋りで場をスムーズに和やかに進行させてたり繋いでいましたあれはスゴイ。
ドアラメモ。
久々に生で見たドアラは、オードリー春日の「トゥース!」がお気に入りの模様でよくやってた。
ほかにもいくつかやってたけど、最近のお笑いはあまり詳しくないのでわからなかった。
途中、ステージの端から端まで中腰で肩をウネウネ後ろに回しながらヘコヘコ歩いてて本当にキモくて笑った。
新しい技の開発と従来の技の磨きをかけるのも怠っていないようで安心しました。

多少詳しめのレポートは長くなるので「つづきをよむ」に格納。

イベントの最後、帰り際に嬉しいことにつば九郎とドアラと握手できる素敵なプレゼントが用意されていて嬉々。
今度こそ耳毛を触らねば!

まずつばちゃんと握手、お腹をぽんぽんして「森岡君によろしく」
そしてついにドアラを目の前にできた4度目の正直!
握手をして、
「西川君によろしく!」
ドアラ、しばしフリーズ、なんのことかわからなかったらしく・・・。
その後、訳がわかったのか『ああ野手のね』という風にバットを振るジェスチャーの後、なぜか私のおでこをペシペシ。
いまだ!と耳毛にタッチ、緊張で汗ばんだ指先に想ったよりパサついてた耳毛がペトっとくっついて感激。

その後、念願の耳毛にタッチできて興奮のあまり10分くらいは手が震えてました。(どんだけ)

今日のベストショット
イベントの真っ最中にも関わらずくつろぎ過ぎの二匹。
DSC_0184

ステージが遠くてフラッシュたいた意味がなく、全体的に暗めの写真になってしまったのが残念。
今日の写真はコチラ

サイン書き書きあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

コチラで軽く書いたとおり、昨年末の12/28(日)、豊橋の精文館書店で行われたドアラのカレンダーサイン会に行ってきました。
サイン会は11時、13時。15時と3回行われ、13時の回をのぞいてみると、机に向かってカレンダーに黙々とサインをし続けるドアラが見えました。
心なしか、いつもより大人しい感じ。
OFFは年末年始も連日のようにイベントやらなんやらで、さすがに疲れもたまっていたんでしょうか。。

自分は15時の回にドアラへの列に並びました。
サインして握手するだけなので、1人1分少々、列はどんどん進んでいきます。
気持ちはドアラから球団そのものに移ったはずだったのに、近づくほど動機が・・・また、恋する乙女になってしまいました。

自分の番になると、

カメラをドアラの机に置く⇒ドアラがカメラにサインするリアクション⇒チガウチガウ⇒カレンダー渡す⇒ドアラサイン中に撮る⇒カレンダーこちらに渡すBIG CHANCE!↓

はい書いた

⇒カレンダー受け取る⇒握手する⇒プレゼントわたす

という一連の流れがあっという間に終わってしまい、BIG CHANCEを逃すまいと必至だったわたしはまたもや耳毛を触るのを忘れて年に数度とないもふもふタイムを今年に持ち越すハメになったのでした。


ひつまぶし宿泊は名古屋の栄。
サインをもらったあと、国道一号線をのんびりと名古屋に向かってドライブ。
ちょうどサインをもらい終えて精文館の外に出ようとしてたころ、中山競馬場では有馬記念が行われて配偶者は負けた、ひっかかりもしなかった。
栄に向かいがてら競馬番組みてたらローカル制作で、ゲストに岩瀬が出てで愛知にいるんだなぁと実感。

夜ご飯はひつまぶし。
ラシックにあるびんちょうというお店で食べたんですがここのうなぎ超うまい。
銀座にも店舗があるので、行ける人は是非一度行ってみるとちょっと幸せかもしれません。

ナナちゃん翌日はモーニングしたあとドアラの写真が展示されてる中部報道展(@名鉄百貨店)を見てから帰路につきました。

実は生で見るの初めてだったナナちゃん⇒


今年もぼちぼちと、静かにそして熱く中日ドラゴンズを応援して行こうと思います。
本日、豊橋の精文館書店でドアラカレンダーのサイン会が行われ、遠路はるばるドアラ納めに豊橋まで来ました。

カレンダーにサインをしてもらって、握手してプレゼントを渡すので精一杯、また耳毛触るの忘れた。。。
でも、サイン後のドアラ氏をばっちりカメラに収めることに成功!

ドアラは日々の蓄積した疲れのせいか、明らかに疲労が見て取れました…。


今日は名古屋に泊まって明日は名古屋観光、帰りがけに実家に帰るコース。
今年のイベントはドアラで締めくくれてよかったです。
ドアラfigmaきた昨日12/26は仕事納め。
各事業部では夜に忘年会が行なわれました。

来季から他部署に異動になる配偶者がプレゼントをもらったそうなんですが、それがコレ→
よくうごく、キモイ。ドアラfigmaきたこれ。

これは意図的なものを感じずにいられません。
さすがにデスクの上にドアラパペット×2、スクリーンセーバーも壁紙もドアラにしてるだけあってわたしのドアラ好きブランディングは功を奏していたようです。
(実はもうドアラより球団+選手のほうに夢中なんて言えない。あと、値段がわかっちゃうけどまぁアレだ)

せっかくなので遊んでみたよ!

歓喜の舞 with 食パン
歓喜の舞
ボケたorz
一休み
食事中

ドアラさんトンボかけてください
たそがれ


Figma ドアラ ホームVer.
Figma ドアラ ホームVer.
posted with amazlet at 08.12.27
Max Factory (2008-11-01)
売り上げランキング: 301
忍者ブログ | [PR]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アバウトミー
HN:
mechiko
Sex:
女性
Job:
NEET満喫中!
ライブスケジュール
9/13(火) LINKIN PARK@横アリ
9/18(土) B'z@宮城
11/6(日) B'z @さいたまスーパーアリーナ
12/24(土) B'z@からくり
12/25(日) B'z@からくり
ライブ参戦録はコチラ
Last.fm -Recently Listened
コメント
[09/04 かみじょふ]
[09/03 めちこ]
[09/02 しめこ]
[12/17 めちこ]
[12/13 ヒラーモ]
れんらくさき
ブログ内検索
ケイタイ
最近のお買い物
Greatest Hits: So Far
Plays the Sound of Philadelphia - A Tribute to the Music of Gamble & Huff and the Sound of Philadelphia [Import CD]
B’z LIVE-GYM 2006“MONSTER’S GARAGE”(Blu-ray Disc)
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】
ホワット・イフ・・・(期間限定スペシャル・プライス盤)
おすすめとかあどとか

 iTunes Store(Japan)
アク解ナド
 
あわせて読みたいブログパーツ
カウンタ